封筒を郵便物として使用する前に知っておきたい便利な情報です。
日本郵便が定める郵便物には「定形郵便物」と「定形外郵便物」という区分があり、郵便料金を決定するための基準のひとつとなっています。
例えば、封筒のサイズが横幅90mm~120mm縦幅140mm~235mm厚さ10mmまでで重量が50g以内の物を「定形郵便物」といっています。
また「定形郵便物」サイズの範囲内で重量が25gまでの料金は82円、50gまでは92円と定められています。この基準を超えると「定形外郵便物」となり、各々の重量に従って料金が変わることになります。

■定形郵便物とは

封筒サイズでいえば横幅90mm~120mm縦幅140mm~235mmの物。これに中身を挿入した場合は、厚さ10mmまでで重量50g以内の郵便物のことを「定形郵便物」といいます。
長形3号封筒および洋形長3号封筒までのサイズがこれに該当します。それでは「定形郵便物」として使用できる封筒サイズと封入可能な用紙の参考サイズならびに郵便料金を見てゆきましょう。

定形封筒の種類

封筒の名称 サイズ(mm) 封入する用紙サイズの目安
長形3号 120×235 4判ヨコ3折
長形4号 90×205 B5判ヨコ4折
長形5号 90×185 B5判ヨコ4折
長形8号 119×197 B5判ヨコ3折
長形13号 105×235 A4判ヨコ3折
長形14号 95×217 A5判タテ2折
長形30号 92×235 A4判ヨコ4折
長形40号 90×225 A4判ヨコ4折
角形8号 119×197 B5判ヨコ3折
洋形0号 235×120 A4判ヨコ3折
洋形1号 176×120 A5判ヨコ2折
洋形2号 162×114 A5判ヨコ2折
洋形3号 148×98 B6判ヨコ2折
洋形4号 235×105 A4判ヨコ3折
洋形5号 217×95 A5判タテ2折
洋形6号 190×98 B5判ヨコ3折
洋形7号 165×92 A5判ヨコ3折
洋形8号 235×120 A4判ヨコ3折
洋形長3号 235×120 A4判ヨコ3折
洋形長4号 205×90 B5判ヨコ4折

*以上の封筒に中身を挿入した場合、厚さ10mmまで重量50g以内の物。
*ここでは用紙の長い方の辺を縦、短い方の辺を横としています。

定形郵便物の料金

重さ 料金
25g以内 82円
50g以内 92円

■定形外郵便物とは

封筒サイズでいえば横幅120mm縦幅235mmを超える郵便物は「定形外郵便物」となります。従って、会社の書類やパンフレット入れとしてもよく利用される角形2号サイズの封筒は「定形外郵便」です。
また、封筒に中身を挿入した際の荷物の状態が「横幅寸法」と「厚さ寸法」ならびに「縦寸法を足して900mm以内の物も定形外郵便物として扱われます。ただし縦寸法は600mm以内を限度としています。
「定形外郵便物」としての封筒サイズと封入可能な用紙の参考サイズならびに郵便料金は次の通りです。

定形外封筒の種類

封筒の名称 サイズ(mm) 封入する用紙サイズの目安
長形1号 142×332 B4判ヨコ3折
長形2号 119×277 B5判タテ2折
角形0号 287×382 B4判全
角形1号 270×382 B4判全
角形2号 240×332 A4判全
角形3号 216×277 B5判全
角形4号 197×267 B5判全
角形5号 190×240 A5判全
角形6号 162×229 A5判全
角形7号 142×205 B6判全
角形20号 229×324 A4判全
角形B3号 375×525 B3判全
角形A3号 335×490 A3判全
角形A4号 228×312 A4判全
洋形特1号 198×138 B6判全

*以上の封筒に中身を挿入した場合、厚さ10mmを超え重量4kg以内の物。
*荷姿が「横幅寸法」と「厚さ寸法」ならびに「縦寸法(600mm以内)」を足して900mm以内の物。
*ここでは用紙の長い方の辺を縦、短い方の辺を横としています。

定形外郵便物の料金

重さ 料金
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円
500g以内 400円
1kg以内 600円
2kg以内 870円
4kg以内 1,180円