封筒は企業の顔。単なる書類入れではなく企業の特性や独自性を発信するメディアのひとつとして位置付けられます。
いち早く認識されて長く親しまれる個性的な封筒作りを考えた時、オーダーメイドという方法へ至るのは必然といえるでしょう。
特注製作、別注制作、オリジナル作成などとも呼ばれるオーダーメイドですが、ここではそのメリットを中心にお伝えして行きます。

封筒加工の種類

封筒の加工には大きく分けて2種類の方法があります。
ひとつは、封筒メーカーの封筒即ち既製品を利用して印刷を施す方法。
もうひとつは、デザイン・紙の調達・印刷・その他の加工工程をすべて独自に計画して製品を仕上げるオーダーメイドという方法です。
コストや加工期間を考えた場合、既製品に印刷を施す方法が最適といえますが反面、デザインや印刷および加工の仕方にある程度の制限が加えられることとなります。
例えば封筒のサイズは封筒メーカーの規格サイズに妥協を強いられますし、選んだ封筒にインクを通す際には、クワエ(印刷機が対象物を取り込む時に必要な無地スペース)を最低約10mm確保しなければなりませんので全面印刷は不可能です。
印刷の色数や印字スペースに対してもある程度のリミットが設定されることが多々ありますので、広範囲のベタ刷りや端までの印刷は極めて苦手な作業となります。そういう制約を経て加工された封筒の仕上がりは、どことなく物足りなさが残ってしまいがちです。

オーダーメイド封筒のメリット

紙の仕入れから最終的な仕上げに至るまでの加工が自由にできるオーダーメイドは、優れたデザイン性を表現しようとした場合には最適な方法といえるでしょう。
他の封筒に紛れがちなDMもオーダーメイド製作であれば、クオリティが高く好印象な封筒を仕上げることが可能になります。その利点は次の通りです。

  • 製作意図に沿った自由な用紙選択
    比較的使用頻度の高いマット系用紙やコート系用紙はもとより独特な手触りのエンボス紙またはカラフルな色数の色上質紙などなど、印刷や後加工のプランしだいで様々な種類の特徴的な用紙を使用する事が出来ます。
  • アイデアやデザイン表現を生かしやすい印刷スペース
    既製品封筒への印刷はロス防止の都合上、印字スペースや印刷位置にある程度の制限がかけられますが、オーダーメイド封筒の製作はそういう心配がほとんどありません。既製品封筒への印刷とは異なりオーダーメイド封筒は、展開図の状態から印刷機へ通します。従ってスペースや位置にこだわる事なく印刷を施すことが出来るのです。コーポレートカラーを封筒全体に印刷して存在感を際立たせる事も出来ますし、窓付き封筒の内側面に「ありがとうございます」やその他独自のキャッチコピーを印刷して受け取る側の好感度をアップさせる演出やアイデアを具現化することも可能になります。
  • 多色刷りもOK
    先にあげた通り既製品封筒への印刷はロス防止の対策上、多色刷りがほとんど不可能です。しかしオーダーメイド封筒の場合、通常の印刷工程を経ますのでその心配がありません。自由でのびのびとしたデザイン表現で、より印象に残る封筒を製作することが出来るのです。
  • 理想的な封筒サイズを指定できる
    オーダーメイド封筒は、サイズを自由に指定出来るので封入する用紙にぴったりフィットした封筒に仕上げることが可能です。結果として封入作業や事務作業の効率化に役立ちます。
  • 窓抜きの位置や形の指定さらには表面加工もフリー
    窓付き封筒を企画する場合、ハート形や楕円形ほか通常の封筒とは異なる窓を設けることが可能です。窓の抜き位置も比較的自由に決められますし表面にPP(ポリプロピレン)貼りをする事も出来るので、撥水力があり水や汚れが染み込みにくい強い封筒に仕上げることが出来るのもオーダーメイド封筒の大きな魅力のひとつです。

以上、オーダーメイド封筒は工程数の影響もあり比較的高価なものになりがちですが自由な表現が出来る事により、訴求力と実用性の高い封筒製作が期待出来る加工法であると言えます。